シャープな形を組み合わせ、すっきりとした印象に

メガネを選ぶときに重要なポイントの一つは、顔の形です。顔の輪郭を変えることは難しいですが、メガネにより注目される位置を変えることで違った印象を与えることできます。丸顔の人にはスクエア型のメガネがおすすめです。丸い輪郭に横長の直線的なフレームを重ねることで、メリハリが生まれ、すっきりとした印象が生まれます。 もしボストンなどの丸みのあるメガネを選んでしまうと、丸に丸が重なり、顔の丸みを強調してしまうか、全体にぼやけてぱっとしない印象になってしまうので注意が必要です。スクエア型はシャープな印象を与え、ビジネスシーンでも活躍できるメガネです。丸い輪郭にシャープなイメージを組み合わせることで、バランスの取れた好印象を作ることができるでしょう。

丸顔にはハーフリム(ナイロール)がおすすめ

丸顔の人には、レンズ上半分にフレームがつくハーフリム(ナイロール)がおすすめです。スクエアの場合、目に見える直線が減ることでメガネの存在を強調しすぎず、スタイリッシュな印象を与えることができます。顔の丸みがフレームで区切られることもなく、丸と四角が穏やかに組み合わさります。フレームも細身や金属のものでビジネスシーン、プラスチックでカジュアルシーン、と使い分ければ同じスクエアで様々に楽しむことができるでしょう。 避けたいのはフレームが下につくアンダーリムです。個性豊かで知的な印象を与えることのできるフレームですが、丸顔の場合は顔の中心に注目がいき、丸い輪郭が強調されてしまうかもしれません。いずれにしても店頭で試着をしてみて、素直に良い印象を持ったものを選ぶのが良いでしょう。

眼鏡とは目の視力を調節したり、強い光から目を守ったりするために用いられるものです。また着飾ったりするために目の周りの装飾として用いられることもあります。